1. トップページ
  2. イベント・お知らせ
  3. お知らせ|一般社団法人 沖縄県女性の翼

イベント・お知らせ

2021年度沖縄県女性海外・国内セミナー「女性の翼」第38期研修

2021年10月1日(金)〜10月3日(日)に2021年度沖縄県女性海外・国内セミナー「女性の翼」第38期研修を開催いたしました。
講演と女性の翼会員議員による活動情報交換会の様子を動画でご覧いただけます。

10月1日(金)
講演
テーマ:「男女共同参画社会における世界の動向と課題について」
講師:中野 洋恵 氏(国立女性教育会館客員研究員)

10月2日(土)
基調講演
テーマ:「意思決定の場へ女性力を!!」
講師:糸数 慶子 氏(パリテカフェ@沖縄共同代表)

10月2日(土)
女性の翼会員議員による活動情報交換会
沖縄県議 喜友名 智子 氏(36期)
宜野湾市議 屋良 千枝美 氏(18期)
石垣市議 米盛 初恵 氏(25期)
南城市議 仲田 光枝 氏(27期)
豊見城市議 仲田 政美 氏(28期)
沖縄市議 金城 由美 氏(32期)
那覇市議 山田 マドカ 氏(36期)
北中城村議 喜屋武 すま子 氏(28期 副議長)
議員OG 與那嶺 克枝 氏(26期 沖縄市副市長)

女性の翼活動資金への寄付金のお願い

1984年より沖縄県女性海外セミナー「女性の翼」事業を継続してきた沖縄県女性の翼の会は、会の継承と発展、そして社会からより信頼される組織を目指し、2019年12月に非営利型「一般社団法人沖縄県女性の翼」として新たなスタートをいたしました。昨年度はコロナ禍においても、国内セミナーを開催し第37期生を迎え女性リーダーの育成を実践してまいりました。265名の正会員は県内各地で地域社会の担い手として各審議会委員をはじめ人権擁護、教育、福祉、経済界など多くの分野で活動させていただいております。これまで同様、地域社会に有用な人材を輩出するため各市町村や企業との連携を深めながら研鑽を重ねてまいります。

当法人は、本県における男女共同参画社会の実現に寄与することを目的として、研修事業の実施や女性の社会進出を促進する活動を行っております。昨年は、「女性の翼会員議員による議会活動情報交換会」のオンライン開催やSDGsシンポジウムなどの活動が評価され、沖縄県より「SDGsパートナー」として登録を受けました。今期は、6つの専門委員会を軸に会員一丸となって多様な活動を推進していきたいと思います。また、若い女性リーダーの育成を目的とした“あしたの翼基金(結成30周年事業)”やDV被害者やひとり親など様々な理由により貧困状態にある女性の自立支援を目的とした“女性の翼・OK基金”などの活動も積極的に展開しております。

おかげさまでこの度、結成35周年を迎えることが出来ました。先輩方から引き継いだ思いを継承し会の発展を願い、会員一丸となってSDGsゴール5「ジェンダー平等の実現」のための活動や研修事業に取り組む所存です。

つきましては、出費多端な折り誠に恐縮ではございますが時宜にかなう多様な活動の支えとして寄付金のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

寄付金申込書[様式第5号](Microsoft Word)
OK基金寄付金申込書[様式第6号](Microsoft Word)

(一社)沖縄県女性の翼
会長 奥村啓子

協賛広告のお願い

1984年より沖縄県女性海外セミナー「女性の翼」事業を継続してきた沖縄県女性の翼の会は、会の継承と発展、そして社会からより信頼される組織を目指し、2019年12月に非営利型「一般社団法人沖縄県女性の翼」として新たなスタートをいたしました。昨年度はコロナ禍においても、国内セミナーを開催し第37期生を迎え女性リーダーの育成を実践してまいりました。265名の正会員は県内各地で地域社会の担い手として各審議会委員をはじめ人権擁護、教育、福祉、経済界など多くの分野で活動させていただいております。これまで同様、地域社会に有用な人材を輩出するため各市町村や企業との連携を深めながら研鑽を重ねてまいります。

当法人は、本県における男女共同参画社会の実現に寄与することを目的として、研修事業の実施や女性の社会進出を促進する活動を行っております。昨年は、「女性の翼会員議員による議会活動情報交換会」のオンライン開催やSDGsシンポジウムなどの活動が評価され、沖縄県より「SDGsパートナー」として登録を受けました。今期は、6つの専門委員会を軸に会員一丸となって多様な活動を推進していきたいと思います。また、若い女性リーダーの育成を目的とした“あしたの翼基金(結成30周年事業)”やDV被害者やひとり親など、様々の理由により貧困状態にある女性の自立支援を目的とした“女性の翼・OK基金”などの活動も積極的に展開しております。

おかげさまでこの度、結成35周年を迎えることが出来ました。先輩方から引き継いだ思いを継承し会の発展を願い、会員一丸となってSDGsゴール5「ジェンダー平等の実現」のための活動や研修事業に取り組む所存です。

つきましては、出費多端な折り誠に恐縮ではございますが時宜にかなう多様な活動の支えとして協賛広告のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

【広告枠】

  • 広報誌ニューフェイズ(年3回発行/1,500部/フルカラー)
    縦5.5センチ×横13センチ 1回につき30,000円
  • 封筒裏広告 モノクロ
    角2封筒(大1,000枚)縦3.6センチ×横9.0センチ=15,000円
    長3封筒(小1,000枚)縦3.2センチ×横7.9センチ=10,000円
  • ホームページの広告(https://joseinotsubasa.okinawa/)
    社名+会社のホームページにリンクさせていただきます
    3か月枠:10,000円 半年枠:20,000円 年間枠:35,000円

☆詳細につきましては担当委員会よりご説明させていただきますのでご遠慮なくお問い合わせください。

協賛広告申込書(Microsoft Word)

(一社)沖縄県女性の翼
会長 奥村啓子

賛助会員募集の趣意書

1984年より沖縄県女性海外セミナー「女性の翼」事業を継続してきた沖縄県女性の翼の会は、会の継承と発展、そして社会からより信頼される組織を目指し、2019年12月に非営利型「一般社団法人沖縄県女性の翼」として新たなスタートをいたしました。昨年度はコロナ禍においても、国内セミナーを開催し第37期生を迎え女性リーダーの育成を実践してまいりました。265名の正会員は、県内各地で地域社会の担い手として各審議会委員をはじめ人権擁護、教育、福祉、経済界など多くの分野で活動させていただいております。これまで同様、地域社会に有用な人材を輩出するため各市町村や企業との連携を深めながら研鑽を重ねてまいります。

現在、女性活躍の推進が展開されている中、当法人は、本県における男女共同参画社会の実現に寄与することを目的として、研修事業の実施や女性の社会進出を促進する活動を行っております。昨年は、「女性の翼会員議員による議会活動情報交換会」のオンライン開催やSDGsシンポジウムなどの活動が評価され、沖縄県より「SDGsパートナー」として登録を受けました。今期は、6つの専門委員会を軸に会員一丸となって多様な活動を推進していきたいと思います。また、若い女性リーダーの育成を目的とした“あしたの翼基金(結成30周年事業)”やDV被害者やひとり親など様々な理由により貧困状態にある女性の自立支援を目的とした“女性の翼・OK基金”などの活動も積極的に展開しております。

おかげさまでこの度、結成35周年を迎えることが出来ました。先輩方から引き継いだ思いを継承し会の発展を願い、会員一丸となってSDGsゴール5「ジェンダー平等の実現」のための活動や研修事業に取り組む所存です。

つきましては、法人設立を機に時宜にかなった活動の支えと次代を担うあしたの翼基金の支えとしてご協力いただきたく団体、個人の賛助会員制度を設け多くの皆様に入会の呼びかけを行うこととなりました。本趣旨へのご理解を賜り、入会についてご協力を賜りますようお願い申し上げます。

(一社)沖縄県女性の翼入会申込書[様式第1号](Microsoft Word)

(一社)沖縄県女性の翼
会長 奥村啓子

2021年度定時総会 開会式、女性の翼結成35周年記念講演

2021年5月22日(土)に2021年度定時総会を開催いたしました。
開会式と女性の翼結成35周年記念講演の様子を動画でご覧いただけます。

開会式
・会長挨拶
・役員功労者感謝状贈呈
・第37期入団式
・来賓挨拶

≪女性の翼結成35周年記念≫
記念講演
演題:「活躍する女性たち〜JICA活動から見えたもの〜」
講師:JICA沖縄 所長 倉科 和子 様