1. トップページ
  2. 沖縄県女性の翼について

沖縄県女性の翼について

一般社団法人 沖縄県女性の翼は沖縄県女性海外セミナー「女性の翼」をはじめとする研修事業の実施や女性の社会進出を促進するための活動を行い、沖縄県における男女共同参画社会の実現に寄与することを目的として設立されました。

会長ご挨拶

会長就任にあたって

一般社団法人 沖縄県女性の翼
会長 奥村 啓子
 去った5月22日の2021年度定時総会及び理事会において、会長と垣花悦子、崎原末子の両副会長が再任されました。今後2年間引き続きよろしくお願い申し上げます。

 昨年度は、コロナウイルスの感染拡大に伴い海外セミナーを中止しましたが、新たに設定した入会のための指定研修、県内セミナーを実施し、7名の新会員を迎える事が出来ました。5月には法人としての新たなホームページも立ち上げ、女性の翼のこれまでの活動記録や委員会活動の様子を報告することができました。

 また、1年間のSDGsに関する活動が評価され、3月25日「おきなわSDGsパートナー」に登録されました。役員、各委員会委員の皆様のご尽力に感謝いたします。

 今年度は、沖縄県女性海外・国内セミナー「女性の翼」事業として、「意思決定の場に女性力を!」をテーマに国内、県内セミナーを実施いたします。また、現会員を対象とした国内研修や宿泊研修も実施いたします。研修内容も、ジェンダー平等や多様性など時代の要請に適ったテーマを設定し、あらゆる分野への女性リーダーの輩出を目指します。さらに、昨年度に続いて会員議員等を中心とした意見交換会等を実施し、政治の場における女性活躍推進の方策を考えます。

 ホームページについても、より内容の充実とリアルタイムな情報発信に努めてまいります。

 法人化後に発足した専門委員会は、これまでの活動を検証、名称や役割を見直し、昨年8月に女性の自立支援を目的に設置した「女性の翼・OK基金運営委員会」も共に、一丸となって事業を実施してまいります。また、昨年度から加入頂いている「女性の翼」を応援してくださる賛助会員についても、更なる加入促進に努めますので、多くの皆様のご理解とご協力をお願い致します。

 今後とも、「女性の翼」発展のため鋭意努力する所存ですので、皆様のご指導ご協力を宜しくお願い申し上げます。

事業内容

沿革

1984年(昭和59年)

沖縄県婦人海外研修「婦人の翼」事業開始

1987年(昭和62年)

沖縄県婦人の翼 結成

1992年(平成4年)

沖縄県女性の翼の会に変更

2019年(令和元年12月3日)

一般社団法人 沖縄県女性の翼 設立

組織図

2021年度(5月22日~)
組織図2021
会員募集

入会をご希望の方は、入会申込書にご記入いただき、メールまたは郵送にてお送りください。
☆一般社団法人 沖縄県女性の翼入会申込書[様式第1号](Microsoft Word) *2021年8月6日更新
メール:info@joseinotsubasa.okinawa
郵送先:〒900-0036
    沖縄県那覇市西3丁目11番1号
    沖縄県三重城合同庁舎5階
    一般社団法人 沖縄県女性の翼事務局宛


【会員と会費】
  区分 会費
正会員 沖縄県女性海外セミナ一「女性の翼」の団員として派遣され、入会を承認された個人 年会費:5,000円
入会金:10,000円
この法人が実施する指定の研修を終了した者で、その目的に賛同して入会を承認された個人 年会費:5,000円
入会金:10,000円
賛助会員 この法人の目的に賛同し、事業の推進を賛助するため入会を承認された個人 年会費:3,000円(1口)
入会金:無
この法人の目的に賛同し、事業の推進を賛助するため入会を承認された団体 年会費:10,000円(1口)
入会金:無