1. トップページ
  2. 私たちの活動
  3. 宿泊研修
  4. >第5回1998年6月7日~8日

私たちの活動

宿泊研修
第5回1998年6月7日~8日
リザンシーパークホテル谷茶ベイ
参加者 51人

基調講演テーマ「現代日本社会の心の危機」<美しい加齢とボケ予防のために>
講師 宮里好一氏(沖縄リハビリテーションセンター病院 院長)
思春期の心の病
1960年ころ 登校拒否
1970年ころ 家庭内暴力→男の子がほとんど。女性は摂食障害が多い。
1980年ころ 校内暴力→生徒が先生に。いじめ学校内の弱者に対して。あたらしいタイプの登校拒否。
1990年ころ いじめの深刻化。→自殺 児童虐待、多重人格、多様性、

老年期の心の危機
  1. うつ病/風邪のようなもの。休養と薬。3か月で治る。
  2. 神経症/心気神経症、不安神経症
  3. ボケ/半分は予防できる。50~60%は脳血管症、40%はアルツハイマー型、その他10%は甲状腺機能障害、慢性クモ膜下、動脈硬化、脳梗塞
美しく老いるとは病気にならないこと、活動を続けること。